最新のイベント情報や文書館の業務の様子を職員が紹介します。
・New(2019.4.18)
 「もんじろうかわら版」(31年度第1回)
 「新規採用職員に「埼玉県の沿革」の講義を行いました。」

・(2019.3.20)

 「もんじろうかわら版」(30年度第24回)
 「古文書の修復作業について」

・(2019.3.7)

 「もんじろうかわら版」(30年度第23回)
 「『埼玉県史料叢書』第22巻「小室家文書一 」を刊行しました!!」

・(2019.2.22)

 「もんじろうかわら版」(30年度第22回)
 「日本煉瓦製造株式会社文書が県指定文化財になりました!」
 

展示のお知らせ

文書館展示室のオープンは
6月25日(火)です。

展示スケジュールはこちら
 

資料検索はこちら


 

開館時間・休館日

【開館時間】
 午前9時~午後5時
【休館日】
 月曜日、毎月末日、
   祝日、
   年末年始(12月29日~翌1月3日)
 特別整理期間(春・秋各10日間以内)
 H31文書館カレンダー.pdf
 H31催し物案内.pdf
 

お問い合わせ先

Tel:048-865-0112(代表)

Fax:048-839-0539
Mail:
p6501121@pref.saitama.lg.jp

〒330-0063

さいたま市浦和区高砂4‐3‐18
交通案内
文書館周辺地図

 

カウンタ

COUNTER492018

地図コーナー展示絵図から地図へ「城下町の近代化ー忍・川越・岩槻ー」

※本展示は終了しました。

地図
コーナー展示

  絵図から地図へ「城下町の近代化 -忍・川越・岩槻-」

 忍、川越、岩槻のいわゆる北武蔵三城と城下町は、500年を超える歴史があります。いずれも城塞都市、政治都市、商業都市の機能を持っていましたが、明治維新後、廃城が決まると、近代化の波にさらされました。土塁や堀、鍵の手道などは交通の支障が大きかったので、道路と水路の改良が行政の第一課題となりました。その一方で、本丸跡や二の丸跡は、学校や役所などの公共施設の用地とすることが可能となりました。

 絵図と地図から、3つの城下町がどのように近代化を推し進めていったのか、そして現在の様子を明らかにします。

Ⅰ 期  間

 平成29年1月14日(土)~3月5日(日) 9:00~17:00

  (休館日:月曜日(1/1623302/6132027)、国民の祝日(2/11)、

       月末休館日(1/312/28))

Ⅱ 展示場所 

 埼玉県立文書館 1階展示室

Ⅲ 観

 無 料

 

※詳しくはコチラ → リーフレット(1~7ページ)。.pdf