メニュー

文書館について利用案内資料検索はこちらから子供体験事業講座・講習会学校連携展示のご案内埼玉県地域史料保存活用連絡協議会リンク文書館カレンダー・お問い合わせ先臨時休館のお知らせ

検索はこちら





 

お問い合わせ 住所



Tel:048-865-0112(代表)

Fax:048-839-0539
代表メール:p6501121@pref.saitama.lg.jp

〒330-0063

さいたま市浦和区高砂4‐3‐18
交通 案内


 

開館時間・休館日

【開館時間】
午前9時~午後5時
(複写の申込み受付は、4時30分まで)
【休館日】
 月曜日、毎月末日、祝日、年末年始(12月29日~翌1月3日)
 特別整理期間(春・秋 各10日間以内)
年間カレンダー
 

カウンタ

COUNTER287973

第3回 アーカイブズについて学んでみませんか?公開講演会のお知らせ

 官庁や企業、あるいは個人が残した歴史的な記録や文書のことをアーカイブズといい、そうした記録や文書を保存する、県立文書館のような施設のこともアーカイブズといいます。毎年69日は、アーカイブズの国際組織であるICA(国際公文書館会議)が定めた「国際アーカイブズの日」です。

 このたび、517日(水)に、埼玉県内のアーカイブズなどが会員となっている埼玉県地域史料保存活用連絡協議会が主催し、県立文書館と宮代町教育委員会が共催する、「国際アーカイブズの日」記念公開講演会を開催します。

 アーカイブズと法律の関係に詳しい、東洋大学法学部教授で日本アーカイブズ学会副会長の早川和宏先生をお招きし、著作権や個人情報保護の問題など、アーカイブズにまつわる身近な問題についてお話いただきます。

 どなたでも参加できますので、ふるってご参加下さい!

(S)

埼玉県地域史料保存活用連絡協議会

平成29年度「国際アーカイブズの日」記念公開講演会

1 演  題 法とアーカイブズ ―公文書・古文書のなかの権利―

2 講  師 東洋大学法学部法律学科教授 早川 和宏 氏                                                    

3 日  時 平成29517日(水)14時~16

4 会  場 埼玉県宮代町 コミュニティセンター進修館小ホール

       (埼玉県南埼玉郡宮代町笠原1-1-1 電話0480-33-3846

5 主  催 埼玉県地域史料保存活用連絡協議会

6 共  催 埼玉県立文書館 宮代町教育委員会

7 後  援 全国歴史資料保存利用機関連絡協議会

8 募集定員 100

9 参 加 費 無料

10 対  象 どなたでも参加できます

11 申  込 電話で事務局あてに申込み(425日(火)9時から、祝日をのぞく)     

       電話:048-865-0112

 
 
   講演会ポスターPDF

 

第2回 「埼玉の県令Ⅱ 吉田清英展」ご子孫来館

 平成29年311日にオープンした、コーナー展示「埼玉の県令Ⅱ 吉田清英展」も当館での展示は、おかげさまで、416日で終了しました。

 42日には、今回の展示の主役である吉田清英のひ孫にあたる方々など、ご子孫のみなさまにご来館いただきました。吉田清英の県令・県知事としての事績や、引退後の本庄での暮らしについて知ることのできる当館収蔵の古文書を熱心にご覧いただきました。なかでも書状に残るご先祖の筆跡は感慨深いものだったようです。

 また会期中には展示解説会を3回開催しました。今回の展示の内容をより詳しく知っていただけたのではないかと思います。
 

 
 今回の展示の一部の資料を選りぬいて、425日から723日まで、埼玉県立歴史と民俗の博物館で「埼玉の人物 第3代県令 吉田清英」として開催します! 歴史と民俗の博物館での展示もぜひご覧いただければ幸いです。

(S)

☆埼玉の人物 第3代県令 吉田清英展☆

主  催 埼玉県立文書館

共  催 埼玉県立歴史と民俗の博物館

会  期 平成29425日(火)~723日(日)

開館時間 午前9時~午後430分(受付は午後4時まで)

     ※71日(土)~723日(日)は、午前9時~午後5時(受付は午後430分まで)

休 館 日 埼玉県立歴史と民俗の博物館の休館日

     月曜日(717日(祝)は開館)、臨時休館日(612日(月)~19日(月))

会  場 埼玉県立歴史と民俗の博物館 地下1階 常設展示室第9

観 覧 料 埼玉県立歴史と民俗の博物館常設展観覧料

     一般 300円  高校生・学生 150

     ※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方(付添1名含む)は無料

くわしくは、埼玉県立歴史と民俗の博物館ウェブサイトをごらんください。 http://www.saitama-rekimin.spec.ed.jp/


 

 

第1回 新県指定文化財に!「小室家資料」4月11日から公開します

 当館所蔵の「小室家資料」7,622点が埼玉県指定有形文化財(歴史資料)となり、去る3月29日(水)にうらわ市民会館において行われた指定書の交付式に臨みました。当日は、小室家資料以外にも4件の有形文化財(建造物・彫刻・歴史資料・考古資料)と無形民俗文化財1件、記念物2件の計8件の県指定文化財指定書の交付が所有者(管理者)に対して行われました。【写真参照】

 小室家資料は、比企郡番匠村(ときがわ町)の在村医であった小室家に伝来し、同家から平成26年当館に寄贈された資料群です。同家の資料には家業の医学関係だけでなく、近世の名主文書や近代の村役場文書、俳諧を中心とした文化人との交流や好古家として収集した郷土関係資料など多岐にわたっています。【資料写真参照】

 当館では、411日(火)から531日(水)まで、「黒田()家文書・諸家文書展」のなかで、小室家資料の一部を紹介いたしますので、この機会を逃さずに是非ご来館ください。(もんじろう丸)


 
    指定書交付式の様子                       指定書「小室家資料」

         
     産科器具                許可書(産科施術伝授状)  
    
     紙本墨書「如達堂」(芳川波山筆)              如達堂産科奥術秘伝巻