○サイト内検索
 
 
 
  
 最新のイベント情報や文書館の業務の様子を職員が紹介します。
New(H30.12.27)
 「もんじろうかわら版」(30年度第18回)
 「古文書整理ってどんな感じ」

New(H30.12.5)
 「もんじろうかわら版」(30年度第17回)
 「地図・地形・三角点・兎像・石碑について学びました。」
New(H30.11.21)
 「もんじろうかわら版」(30年度第16回)
 「県庁でパネル展示「明治維新のなかの埼玉」を開催します。」
New(H30.11.20)
 「もんじろうかわら版」(30年度第15回)
 「ネット古文書講座を公開します。」

New(H30.3)
 
「もんじろうかわら版」特別号を発行しました
     
 過去の「もんじろうかわら版」はこちら    
 

開催中の展示

 

資料検索はこちら


 

開館時間・休館日

【開館時間】
 午前9時~午後5時
 (複写受付は、4時30分まで)
【休館日】
 月曜日、毎月末日、
   祝日、
   年末年始(12月29日~翌1月3日)
 特別整理期間(春・秋各10日間以内)
   
年間カレンダー

 

お問い合わせ先

文書館の外観

Tel:048-865-0112(代表)

Fax:048-839-0539
代表メール:
p6501121@pref.saitama.lg.jp

〒330-0063

さいたま市浦和区高砂4‐3‐18
交通案内
文書館周辺地図

 

カウンタ

COUNTER454663

埼玉の人物「埼玉県最初の民権結社 七名社の人々」

埼玉県立文書館 主催 埼玉県立歴史と民俗の博物館 共催

埼玉の人物「埼玉県最初の民権結社 七名社の人々」

 

明治8年(1875)、熊谷宿周辺の若き有力者7人が埼玉県最初の民権結社である七名社を結成しました。七名社では書籍の共同購入や情報交換が行われ、演説会では地方自治などが主張されました。明治150年を迎えた今年、この人物展示では新たな時代のなかで、地域の立場から知識を深め、自らの主張を発信した七名社の結成とその活動、そして七名社に集った人々のその後の活躍を、文書館収蔵の古文書を通してふりかえります。

1 会  期 平成30123日(火)~422日(日)

2 開館時間 午前9時~午後430分(受付は午後4時まで)


3 休 館 日 埼玉県立歴史と民俗の博物館の休館日

       月曜日(ただし212日、326日、416日は開館)

4 会  場 埼玉県立歴史と民俗の博物館 地下1階 常設展示室第9

       さいたま市大宮区高鼻町4-219 電話 046-645-8171

5 観 覧 料 埼玉県立歴史と民俗の博物館常設展観覧料

       一般 300円(200円)  高校生・学生 150円(100円)

       ※(   )内は20人以上の団体

       ※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方(付添1名含む)は無料

6 展示構成

 1 七名社の誕生 2 七人のその後

7 展示点数 20点(原資料15点 資料写真5点) その他解説パネル等


8 主な展示資料


七名社創立メンバーの記念写真 「七名社々員記念写真」



七名社の規約 「七名社規約写」



七名社で読まれた書籍「預ケ書目」



演説会入場券「政談演説会傍聴牌」



那須の原野の開墾「拝借地御払下願」


9 リーフレット(ダウンロードできます)

 「埼玉県最初の民権結社 七名社の人々」.pdf