○サイト内検索
 
 
 
  
 最新のイベント情報や文書館の業務の様子を職員が紹介します。
New(H30.12.5)
 「もんじろうかわら版」(30年度第17回)
 「地図・地形・三角点・兎像・石碑について学びました。」
New(H30.11.21)
 「もんじろうかわら版」(30年度第16回)
 「県庁でパネル展示「明治維新のなかの埼玉」を開催します。」
New(H30.11.20)
 「もんじろうかわら版」(30年度第15回)
 「ネット古文書講座を公開します。」
New(H30.11.14)
 「もんじろうかわら版」(30年度第14回)
 「26名が岩槻城下の道約8kmを完歩」

New(H30.3)
 
「もんじろうかわら版」特別号を発行しました
 
    
 過去の「もんじろうかわら版」はこちら    
 

開催中の展示


 

資料検索はこちら


 

開館時間・休館日

【開館時間】
 午前9時~午後5時
 (複写受付は、4時30分まで)
【休館日】
 月曜日、毎月末日、
   祝日、
   年末年始(12月29日~翌1月3日)
 特別整理期間(春・秋各10日間以内)
   
年間カレンダー

 

お問い合わせ先

文書館の外観

Tel:048-865-0112(代表)

Fax:048-839-0539
代表メール:
p6501121@pref.saitama.lg.jp

〒330-0063

さいたま市浦和区高砂4‐3‐18
交通案内
文書館周辺地図

 

カウンタ

COUNTER444477

平成30年度 もんじろうかわら版 目次

・30年度第1回「よろしくお願いします~館長就任にあたって」
・30年度第2回「デジタル画像で貴重な古文書史料が閲覧できます!」
・30年度第3回「埼玉の人物「本庄宿の豪商 戸谷半兵衛」展開催中です。」
・30年度第4回「新採用学芸員等研修を行いました。」
・30年度第5回「6月9日は何の日?国際アーカイブズの日!」
・30年度第6回「講座・はじめての古文書 (5月開催)を行いました」
・30年度第7回「企画展「古文書 大公開!―みる・よむ・しらべる埼玉―」来月開催です!」
・30年度第8回「改修中の文書館の様子~着々と工事が進んでいます。」
・30年度第9回「OKEGAWA honプラス+で明治維新をテーマにしたパネル展示と講演会を開催! 」
・30年度第10回「公文書・古文書の保存・活用のために ―地域史料実務研修会の開催― 」
・30年度第11回「もんじろう 出張大活躍中です!(企画展「古文書 大公開!」)
・30年度第12回「大規模改修工事、終わる。」
・30年度第13回「リニューアル・オープンに向け、臨時休館期間に入りました。」
・30年度第14回「26名が岩槻城下の道約8kmを完歩」
・30年度第15回「ネット古文書講座を公開します。」
・30年度第16回「県庁でパネル展示「明治維新のなかの埼玉」を開催します。」
・30年度第17回「地図・地形・三角点・兎像・石碑について学びました。」
 

平成30年度 もんじろうかわら版


2018/11/08

30-13 リニューアル・オープンに向け、臨時休館期間に入りました。

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

 前回のかわら版で、大規模改修工事が終了したことをお伝えしましたが、これを受け、11月3日(土)、4日(日)の2日間をかけ、1年間暫定開館をしてきた隣接ビルから事務室を戻しました。5日(月)には電話や通信LANもつながり、これで最低限の事務体制は整えることができました。しかしながら、保存庫や閲覧室、整理室などの整備は始まったばかりです。前回もお伝えしましたように、現在は連日、館外に搬出してあった書架や備品などの再搬入作業中で、引き続いて文書や地図などの資料が搬入されます。

 

 このため、すでにお知らせしてきたところではありますが、昨年の搬出時と同様に11月から臨時休館に入らせていただきました。暫定開館中は、限定的ながらも資料を利用いただけたのですが、4月の再開館まではこれもできなくなります。皆様には大変御迷惑をおかけして申し訳ありませんが、御理解・御協力の程、よろしくお願い申し上げます。

 

 さて、続いて、物品搬入に並行して行っている保存庫等の整備工事について御紹介します。10月で終了したとお伝えした「大規模改修工事」は県の営繕課と設備課の施工による建築や設備の、いわば本体工事です。その完了を受け、今度は文書館自身の発注による保存庫書架整備工事が行われています。これまで文書館には保存庫1、保存庫2、というように番号で呼ばれる保存庫が10室ありました。このうち保存庫8と9は固定書架でしたが、これを集密書架に替える工事をしています。また、これまで地図閲覧室に使用していた部屋を11番目の保存庫として改装しましたが、ここにも集密書架を新設しています。これらは、ひっ迫していた保存庫収容能力のアップを図るためのものです。

 

 一方、保存庫1~7の7つの保存庫は従来から電動集密書架でしたが、モーター部分が老朽化し、スムーズに動かなくなったり、時には止まってしまうなど、資料の出納に支障を来たしはじめていました。このため、駆動装置部分を取り換えるなど、開館以来35年ぶりのオーバーホールを進めています。


  
   左:オーバーホール中の電動集密書架     右:清掃作業中の保存庫


 

 これら書架整備が終わった保存庫から、順を追って清掃作業を行っています。天井に張り巡らされた空調ダクトの工事が行われたため、ほこりだらけになった天井や壁に床、書架の天板から棚板まで、害虫やカビの発生を未然に防ぐため、隅々まで清掃します。

 こうして資料の搬入を迎えることになるのです。

                                (TO)

 


15:41

カウンタ

COUNTER6115