文書館の紹介

 
展示のお知らせ
年間展示スケジュールはこちら
 
資料検索はこちら

 
もんじろうかわら版

 最新のイベント情報や文書館の業務の様子を職員が紹介します。
・(2019.7.9)
 もんじろうかわら版 令和元年度第4回
 「『埼玉県史料叢書』紹介展示、はじめました。」
 
開館時間・休館日
【開館時間】
 午前9時~午後5時
【休館日】
 月曜日、毎月末日、
   祝日、
   年末年始(12月29日~翌1月3日)
 特別整理期間(春・秋各10日間以内)
 令和元年度文書館カレンダー.pdf
 令和元年度催し物案内.pdf
 
お問い合わせ先

Tel:048-865-0112(代表)

Fax:048-839-0539
Mail:
p6501121@pref.saitama.lg.jp

〒330-0063

さいたま市浦和区高砂4‐3‐18
交通案内

文書館周辺地図
 
カウンタ
COUNTER575470

平成30年度 もんじろうかわら版


2018/04/10

30-1 よろしくお願いします~館長就任にあたって

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

kancho_abe このたび4月1日付けで文書館長に就任いたしました阿部正浩です。どうぞ、よろしくお願いいたします。
 
とはいえ、実際には文書館に隣接する民間ビルの仮事務所への赴任となりました。文書館50年の歴史の中、文書館の館長室に着任できなかった館長は私が初めてでしょう。大規模改修工事の真最中に文書館を引き継ぐという「離れ業」は、数多ある県の諸機関でもあまり例のないことでしょう。開館50周年にもあたる平成31年4月のリニューアル・オープンに向け、重い責任を感じているところであります。

一方で、「新生文書館」への舵取りを担うことができることを、大変光栄に感じております。今回の工事では、保存庫環境維持の要である空調設備が一新され、また、収容能力のアップが図られます。展示室や地図閲覧室のほか、エレベータやトイレも新装・改装され、照明もオールLED化されるなど、より快適な利用環境を御提供できるものと思っております。

しかし、リニューアルをハードにだけ委ねているわけにはいきません。新たな施設設備を使いこなし、真のリニューアルを果たせるか否かのキーを握るのは、事業であり、制度であり、職員です。新米の館長ですが、新たな50年に向け専門性の高い経験豊富なスタッフとともに何が必要であるかを考え、取り組んでまいりたいと思います。

そのためにも、まずは所期の目的通りに工事を完成させることです。そして、100万点を超える資料を滅失なく無事保存庫に戻し、再び皆さんに御提供することです。これは最低限の当り前な目標ですが、最大限に優先されねばならない目標でもあります。

最初のゴールであり新たなスタートでもあるリニューアル・オープンまで、すでに1年を切りました。この日に向け、誠心誠意尽くしてまいる所存です。皆様、御協力の程、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。


埼玉県立文書館長 阿 部 正 


                                            


14:13 | ごあいさつ