文書館の紹介

 
展示のお知らせ
年間展示スケジュールはこちら
 
資料検索はこちら

 
もんじろうかわら版

 最新のイベント情報や文書館の業務の様子を職員が紹介します。
・(2019.7.9)
 もんじろうかわら版 令和元年度第4回
 「『埼玉県史料叢書』紹介展示、はじめました。」
 
開館時間・休館日
【開館時間】
 午前9時~午後5時
【休館日】
 月曜日、毎月末日、
   祝日、
   年末年始(12月29日~翌1月3日)
 特別整理期間(春・秋各10日間以内)
 令和元年度文書館カレンダー.pdf
 令和元年度催し物案内.pdf
 
お問い合わせ先

Tel:048-865-0112(代表)

Fax:048-839-0539
Mail:
p6501121@pref.saitama.lg.jp

〒330-0063

さいたま市浦和区高砂4‐3‐18
交通案内

文書館周辺地図
 
カウンタ
COUNTER575464

平成30年度 もんじろうかわら版


2018/05/07

30-4 新採用学芸員等研修を行いました。

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
   

 4月25日(水)に新採用学芸員等研修を行いました。今年度も期待の新人が採用され、即戦力として各職場に配属されています。研修の受講者は、県立博物館施設の学芸員4名、公益財団法人埼玉県埋蔵文化財調査事業団の調査員3名の合計7名でした。

 講義を始める前に、受講者に文書館を知っているか質問をしました。文書館の存在は知っていても、業務内容については史料保存機関ということ以外、よく知らない職員が多かったです。

 文書館について質問をした後に、業務や活動内容について説明をしました。文書館の使命(ミッション)は、「守る」、「伝える」、「知る」、「学び、つながる」、「楽しむ」の5つの基本方針に従った運営に努めることであることや、閲覧業務、展示、講座、調査・研究、普及事業など様々な業務を行っていることを説明しました。文書館の活動内容についてはホームページ内でも紹介していますので、是非ご覧ください。

 講義の後は、仮事務所の施設見学を行いました。閲覧室で利用方法などを説明し、事務室や整理作業室などを見学しました。見学後は、まとめの時間として、受講者に講義や施設見学を踏まえて感想を述べてもらいました。

 当館では平成29・30年度にかけて大規模改修を行っている関係で、通常の研修で行っていた館内の保存庫や展示室の見学、古文書修補作業(裏打ち)やはんこづくり等の実技研修はできませんでした。次年度以降は、新しくなった館での研修となります。

 新採用学芸員の皆さんには是非、県内の文化財保護や博物館、発掘などに専門性を十分に発揮して、活躍してもらうことを願っています。


                  
              研修の様子

(鷹党)

14:17 | イベント紹介